『シャーロック』ドラマ5話ネタバレあらすじ!パワハラ?毒親愛?息子を死なせたのはどっち

2019年11月4日に放送されたドラマ『シャーロック』5話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

5話では、行方不明の会社員・乾貴之を演じる葉山奨之に注目。
『モンテクリスト伯』以来の、ディーン・フジオカとの共演です。

TV放送を見逃した方へ!

『シャーロック』の動画は「FODプレミアム」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『シャーロック』5話のあらすじネタバレ

ある日、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、若宮潤一(岩田剛典)から、同居中、家賃も光熱費も一切払っていない事を責められていました。そこに現れた江藤礼二(佐々木蔵之介)。

江藤は、彼氏の留守中に、マンションの部屋に入った彼女の真澄(若月佑美)からの通報で発覚した事件について説明します。駆けつけた警察が部屋に入ると、部屋は血だらけ、電動ノコギリなどが散乱し、スプラッター映画のような状態でしたが、被害者の姿がありませんでした。部屋の持ち主・町田卓夫(永井大)を取り調べるも、知らぬ存ぜぬの一点張り。さらに、警察は、政治家の息子である町田を、取り調べもそこそこに釈放してしまいます。行き詰まった江藤は、獅子雄に捜査協力の依頼に来たのでした。

捜査協力の報酬が欲しい若宮は「死体が歩いたのかも」と口にし、わざと獅子雄が事件に興味を持つよう仕向けます。すると、獅子雄は「死体は誇り高い、生きている人間のようにウロウロしない」と、事件解明に乗り出すのでした。

早速、事件について調べ始めた獅子雄ら。町田の部屋には、致死量の血液と町田と同じ会社で働く乾貴之(葉山奨之)のイニシャル入りの服が残されていました。そして、鑑定の結果、2日前から行方不明だった貴之の血液だと判明します。

そこで、獅子雄は、町田から話を聞くことに。貴之の死について、心当たりがないと言う町田でしたが、町田の様子がおかしい事に気がついた獅子雄は、町田を問い詰めます。すると、貴之の血痕が見つかった日、町田が貴之から「パワハラで訴える」と、連絡を受けていた事が発覚します。獅子雄は、貴之が町田を嵌めたのではと、考え始めるのでした。

一方、江藤は、貴之の母・乾千沙子(若村麻由美)に、発見された血液が貴之の物だという事を伝えます。すると、千沙子は、貴之の遺体が発見されていない事から、貴之が死亡している事を否定します。さらに、千沙子は、町田による貴之へのパワハラについて、涙ながらに語るのでした。

町田が働く松門建設を訪れた獅子雄と若宮。社内で町田のパワハラを隠そうとしている空気を感じる中、町田のパワハラを証言する清水弘人(小澤亮太)が現れます。そんな中、町田が何者かに襲われ、全治6週間の怪我を負います。町田は、携帯に送られてきたパワハラの証拠となる音声を根拠に、貴之が犯人だと断言するのでした。

その頃、千沙子がTVのインタビューで町田のパワハラについて発言した事により、ネットは大炎上していました。千沙子の元を訪れた獅子雄と若宮。千沙子はリビングでレクイエムを流し、クリスマスツリーを出して、貴之が帰ってくる事を願っていました。千沙子は貴之が受けていたパワハラを「陰湿なイジメ」と話します。貴之の部屋を見せてもらった獅子雄は、手帳に「町田殺す」という文字が埋め尽くされているページを発見します。

その帰り道、千沙子の手首の包帯の巻かれ方から、元看護師だったのではと話す若宮。獅子雄は、千沙子がどこの病院で働いていたのか調べるよう、若宮に命じるのでした。

松門建設で落ち合った獅子雄と江藤は、清水から話を聞くことに。実は、清水は、以前町田からパワハラを受けており、貴之がターゲットになってからは、貴之へのパワハラに加担していたのでした。そこで、江藤は、貴之が町田にメールを送る前に、清水にもメールを送っていた事が判明したと話します。清水は観念し、パワハラの証拠となる音声が送られてきて、町田を襲うよう脅された事を白状するのでした。

若宮の調査により、千沙子が過去にオペナースをしていた事が判明します。また、レオ(ゆうたろう)が突き止めた、貴之の父親が自宅とは別に借りているアパートを訪れた獅子雄は、父親から1通のメールを見せられるのでした。

再び、千沙子の元を訪れた獅子雄と江藤。獅子雄は、千沙子に、事件の真相を語ります。実は、貴之は部屋のドアノブで首を吊って自殺していました。そこで、貴之の死を確認した千沙子は、町田への復讐を誓います。そして、水槽のポンプを使い、貴之の血を抜いた千沙子は、町田の部屋に血をぶちまけ、部屋中を荒らします。さらに、生前、貴之に録音させていたパワハラの証拠となる音声を使って、町田に制裁を加えたのでした。

あくまでも、貴之の死はパワハラによる殺人で、自分の手で裁いたと言い張る千沙子。貴之へ歪んだ愛情を注ぐ千沙子に、獅子雄は、貴之が最後に父親に送ったメッセージを見せ、貴之が千沙子から解放されたがっていた事を伝えます。千沙子は、クリスマスツリーを収納していた部屋に隠していた貴之の死体に「私があなたを殺したの?」と問いかけ、謝罪の言葉を口にするのでした。

『シャーロック』5話の視聴者の声は?

『シャーロック』5話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

乾貴之(葉山奨之)は何から逃げたかったのか?意見割れる

涙猫

貴之は自殺してしまいました。しかし、パワハラ野郎は暴行を受けた被害者扱いになっており、若宮君が病院に出向いてビシッと言ってくれたけど反省なし。また、息子の死をきっかけに母親と父親の冷え切った関係が修復するようにも見えませんし、なんとも救いのない回でした。しかし、母の重すぎる愛だけでは自殺には至らないと思うので、やはりパワハラが原因と私は思います。

『シャーロック』5話まとめ

今回、事件のテーマが重くモヤモヤが残る結末になりましたが、獅子雄と若宮の関係においても、何か不穏な締め方をしており、嫌のな感がする回となりました。嵐の前の静けさというやつでしょうか。

まねき猫

獅子雄が生活費を払っていないことにガッカリしたよ。若宮君かわいそう。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。