2019年11月12日

『シャーロック』ドラマ6話ネタバレあらすじ!モリアーティが守谷壬三と判明!俳優は誰?

2019年11月11日に放送されたドラマ『シャーロック』6話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

6話では、前世殺人のきっかけとなるビデオテープに注目。
ここから謎のボス「あの方」の名前が「守谷壬三」と判明します。

TV放送を見逃した方へ!

『シャーロック』の動画は「FODプレミアム」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『シャーロック』6話のあらすじネタバレ

ある日、死後20年以上経過した遺体が発見されます。それが17歳の女子高生・高遠綾香(吉川愛)の証言通りだったことから、前世殺人と世間の話題を集めていました。

そこで、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)のもとへ捜査依頼に来た江藤礼二(佐々木蔵之介)。事件の概要を聞いた獅子雄は「前世殺人だとしたら、相当盛り上がる」と、事件解明に乗り出します。

綾香の家を訪れた獅子雄、江藤、若宮潤一(岩田剛典)の3人ですが、綾香の母・高遠美樹(霧島れいか)は、明らかに獅子雄らを歓迎していない様子です。そこで、綾香から直接話を聞く事にした獅子雄は、綾香が不眠症である事を見抜きます。以前、塾帰りに襲われかけた綾香は、PTSD治療の権威である平田初雄教授(伊藤洋三郎)の治療を受けていました。

平田から話を聞こうとするも、平田は3ヶ月程前、心臓病が悪化し、自宅療養するために引退していました。そこで、獅子雄と若宮は、平田の後を継いだ准教授の宇井宗司(和田正人)を訪ねます。患者である綾香については、守秘義務があるため口を開こうとしない宇井。獅子雄が前世について尋ねますが、宇井は口を濁します。そして、カウンセリングの相棒というカナリアに宇井が近づくと、それまで鳴いていたカナリアが突然鳴かなくなり、獅子雄は違和感を覚えます。

その時、江藤から、歯の治療痕により遺体の身元が判明したと連絡を受けた獅子雄。獅子雄は、わざと宇井に聞こえるように、江藤から事件の詳細を聞き出します。検出されたアラビアゴムと美樹が就いている陶芸関連の職業から、江藤は美樹が犯人だと推理します。また、今回の事件は前世殺人ではなく、綾香が誰かから聞いた話を、自分の経験と混同したと考えていました。

しかし、捜査が進むと、江藤の推理は見当違いである事が分かり、捜査は行き詰まります。一方、獅子雄は、カナリアを飼い始め、平田と宇井の過去の論文を読み漁るのでした。

宇井の診察を受ける綾香と、綾香に付き添う美樹。綾香は、追いかけられた時の事がフラッシュバックする事もなくなり、夜も眠れるようになったと話します。前世の記憶について不安がる母親の美樹に、宇井は「ずっと力になる」と声をかけます。

そんな宇井の前に現れた獅子雄。島根出身で25歳で医大に入ったという宇井は、心の傷を治すために、医者になったと獅子雄に話します。獅子雄は、カウンセリングの効果に難癖をつけ、綾香の治療において、記憶操作をしたのではと口にするのでした。

獅子雄は、若宮が精神科医の資格持ちである事を振りかざし、綾香から前世の話を聞く事にします。前世の記憶を説明する綾香に、詳細を尋ねた獅子雄は、綾香の反応にある引っ掛かりを感じます。また、獅子雄は、母親の美樹から高校時代に島根に住んでいた事を聞き出します。

その後、カナリアと一緒に平田の自宅の周りを見回った獅子雄は、平田の異変を察します。カナリアは毒ガスに敏感で、昔は炭鉱夫に毒ガスの存在を知らせるために利用されていました。獅子雄は、美樹が島根に住んでいた時期の調査と平田の自宅の捜査を江藤に命じます。すると、自宅で死体となって発見された平田。平田は、3日前、練炭自殺を試みる中で、心筋梗塞を起こし、命を落としたと考えられていました。

さらに、平田の自宅からは、前世殺人の元となったカウンセリング映像が発見されます。そこには「あの方」に命じられ、殺人を犯したという女性患者「S・A」の証言が残されていました。平田の遺書には、医師の守秘義務を守るために、患者の殺人について警察に届けなかった罪の意識から、記憶操作の研究に没頭し、綾香で人体実験を行なっていたと記されていました。

再び宇井の元を訪れた獅子雄。平田の死を悼む宇井に、獅子雄は、平田が記憶操作に反対していた事、綾香の件が原因で、興奮して心臓発作を起こした平田であったが、発作止めを敢えて渡さず、結果死なせてしまった宇井が、平田の遺書を偽造した事を突きつけます。

高校時代、島根で出会った宇井と美樹。宇井は、美樹に告白しただけでストーカー呼ばわりされ、警察沙汰となった末、高校を中退していました。24年後、患者の母親として、宇井の前に現れた美樹。美樹は全く宇井の事を覚えておらず、美樹に傷つけられた記憶に苦しんでいた宇井は、愕然とします。そこで、宇井は、娘の綾香に記憶操作の実験を施し、美樹が自分に頭を下げ続けるのを見て復讐していたのでした。

また、今回の出来事で、記憶操作の実験が成功したと確信していた宇井でしたが、実は、綾香は母親に相手にされない寂しさから、記憶操作されているフリをしていたのでした。記憶操作の実験が失敗に終わり、愕然とする宇井でしたが、獅子雄が慰めの言葉を掛けます。こうして、獅子雄により、前世殺人のカラクリが明らかにされたのでした。

一方、20年前「じゅんちゃん」殺人を命じた人物が「守谷壬三」だと知った獅子雄は、深い因縁を感じるのでした。

『シャーロック』6話の視聴者の声は?

『シャーロック』6話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

モリアーティが守谷壬三と判明!俳優当て選手権

まとめ猫

過去の共演メンバーから連想する方が多いようです。ちなみにモンテクリスト伯の「土屋」の俳優は、4マリに出演中の三浦誠己さん。大穴で「江藤」=「守谷」説もあったりです。

『シャーロック』6話まとめ

「守谷壬三」が出てきて、ストーリーが後半戦に突入した感じです。ビデオに出てきた「S・A」なる人物、なぜ殺されたのかわからない「じゅんちゃん」が今後の話に絡んでくるのかも気になります。

まねき猫

シングルベッド?に枕が2つ。男性2人では狭いと思う…

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。