シャーロック 11話(最終回):バックハグ!バイク若みーをギュッとする獅子雄に悶絶

2019年12月16日に放送されたドラマ『シャーロック』11話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

11話では、獅子雄と若宮の間で育まれたバディ感に注目。
守谷出現により、獅子雄が1人で行ってしまいます。

TV放送を見逃した方へ!

『シャーロック』の動画は「FODプレミアム」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『シャーロック』11話のあらすじネタバレ

拘置所から4人の被告が脱走した事件の経過を見守る誉獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮潤一(岩田剛典)。脱走犯は、市川利枝子(伊藤歩)、春日ひとみ(北原里英)、田中摩周(渋谷謙人)、守谷壬三の4人。脱走犯の中に守谷が含まれている事を知った獅子雄は、思いつめたような表情を見せ、そんな獅子雄を若宮は心配します。

過去に守谷を逮捕していた江藤礼二(佐々木蔵之介)は、刑事部長と副総監(篠井英介)から呼び出され、とある命を受けます。江藤は「都民を守るために手荒な真似をしても構わない」と、捜査員に命じます。

一方、江藤が守谷の逮捕を隠していた事に、腹を立てる獅子雄。獅子雄は守谷の情報を求めますが、江藤は拒否し、2人の間に溝が生まれます。

脱走犯4人について調べる若宮。そんな中、脱走の手引きをした看守・月岡徹平(三浦誠己)が、警察官に撃たれ、若宮がかつて勤めていた十益中央病院に運ばれます。獅子雄の命で、病院に潜り込んだ若宮は、月岡と接触し、情報を探ろうと試みます。江藤から情報を得る事ができない獅子雄は、レオ(ゆうたろう)を使って、脱走犯の行方を探ります。

そんな中、春日が、鵜飼昇平元都知事(大鶴義丹)の事務所に爆発物を持ち込む事件が起こります。すると、江藤は捜査員達に「殺しても構わない」と命じるのでした。

小暮クミコ(山田真歩)から、鵜飼の事件を聞いた獅子雄と若宮は、鵜飼の元を訪れます。政財界と繋がりのあった守谷から、鵜飼も金を受け取っていたと考える獅子雄。鵜飼は疑惑を否定し「危険に足を踏み入れている」と、獅子雄に忠告します。

そんな獅子雄と若宮の前に、誉万亀雄(高橋克典)が現れ、守谷から手を引くよう獅子雄に忠告します。一向に聞く耳を持たない獅子雄に、万亀雄は月岡が病院で自殺した事を話します。

若宮が月岡の死の責任を感じる中、田中の居場所が判明します。田中の元を訪れ、得意の厭味ったらしい物言いで、田中を追い詰め、守谷の居場所を聞き出そうとする獅子雄。獅子雄の「使い捨て」という言葉に激しく反応した田中が、何かを言いかけた時、刺されて命を落としてしまいます。

獅子雄の身を案じる江藤を尻目に、獅子雄は「守谷に会うまで死ねない」と話します。そして、守谷らが「自分達の力を誇示するために脱走した」と言う獅子雄に、とある住所と縛られた万亀雄の写真が送られてきます。

送られてきた住所が示す別荘に踏み込んだ獅子雄と若宮。そこに、市川が現れ、万亀雄を殺す事を条件に、獅子雄を仲間に誘います。誘いを断る獅子雄に、市川は、獅子雄が守谷の犯罪を追及したい訳ではなく、守谷に惹かれていると指摘します。そして、守谷の居場所を尋ねる獅子雄に、市川は、とあるヒントを託します。すると、市川は踏み込んできた江藤と小暮に連行され、万亀雄は有明の倉庫で発見されるのでした。

さらに受刑者2人が脱走する事件が起こる中、獅子雄は市川から託されたヒントから、守谷の居場所が、サットン所有の船「アリシア号」だと導き出します。そこで、船の停留場を訪れた獅子雄と若宮。2人は尾行してきた江藤と小暮ら警察に囲まれてしまいます。獅子雄は、若宮を利用し、1人その場を逃げ去ります。

ついに守谷壬三(大西信満)と対峙した獅子雄。守谷は、廃船した「アリシア号」で待ち構えていました。獅子雄に、悪事に手を染めている理由について話す守谷は、複数の刑務所で脱走事件を起こすと宣言します。守谷は、自分を止めるか、自分の使徒になるかというゲームを、獅子雄に持ちかけます。獅子雄は「なぜ悪事を働くのか知りたかっただけ」と、ゲームを拒否します。
すると、守谷は刑務所からの脱走を命じます。

「アリシア号」の元にたどり着いた若宮でしたが、すでに獅子雄達は姿を消していました。

その頃、全ての交通機関を止める準備ができたと話す守谷は、ゲームを続行し、東京中を恐怖に突き落とそうと目論みます。そんな守谷を止めようとする獅子雄。すると、「私が本当の守谷だと思っていますか」と問いかけた守谷は、獅子雄と共に海に飛び込み、2人は消息を絶つのでした。

それから、数日後。若宮は、獅子雄が守谷を道連れに、海に飛び込んだのではと考えます。獅子雄との日々を思い起こす若宮は、獅子雄がどこかで生きていると、1人部屋で獅子雄の帰りを待つのでした。

『シャーロック』11話の視聴者の声は?

『シャーロック』11話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

バイクの場面が胸熱

まとめ猫

バイクでのバックハグ!一瞬ですが見逃せませんでした。獅子雄が後ろからガッツリホールドするので若宮くんの身体が華奢に見えてしまうところにドキドキ。「しっかり掴まってろ!」と言ったのは若宮くんですが、予想以上の衝撃に「おおっ(喜)」っと言ってしまうところは、お茶目な彼女とか愛犬に飛びつかれている彼氏くんのようで萌えてしまいました。

ギリギリ恋愛関係でないので尊いのでしょうが、ずっとこんな2人を見ていたいと思わずにはいられませんでした。

『シャーロック』11話まとめ

日本中が守谷は誰かとワクワク!固唾を飲んでいたのに、登場したのは肩透かしな人物(俳優さんゴメンナサイ)で、本物の守谷とは信じられませんでした。伊勢谷友介様レベルの守谷であれば、2人で心中しても納得がいくかもわかりませんが、若宮くんを置いてどこの馬の骨ともわからない人物と(俳優さんゴメンナサイ)海にドボンなんて…。

ジワジワ笑いがこみあげてくる万亀雄の縛られ画像、なんちゃってブラック江藤、アリシア号(←小さい。ショボい)、偽物オーラ漂う守谷、もしかして壮大なギャグ回だったのかと考察できてしまうような最終回でした。

次週、特別編があることが最後の望みとなっていますが、「最終回の守谷は偽物」「獅子雄の生存」というのが見えてこないとツラいものがあります。

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。