『死役所』ドラマ5話ネタバレあらすじ!ハヤシ(清原翔)の哀しすぎる過去!気持ち悪いのは嫁だった

2019年11月13日に放送されたドラマ『死役所』5話のネタバレあらすじと感想をまとめました。感想については、TV放送後のTwitterの反応と共にお伝えします。

注目猫

5話では、ついに明かされるハヤシ(清原翔)の過去に注目。
反省したい気持ちがありますが、やったことに後悔はないといいます。

TV放送を見逃した方へ!

『死役所』の動画は「Paravi」にて配信されています。
※記事公開時の情報に基づくものです。

『死役所』5話のあらすじネタバレ

ニシ川(松本まりか)とイシ間(でんでん)の前を、なんだか思いつめたような感じのハヤシ(清原翔)が通ります。イシ間はニシ川に「アイツ、なんだか元気ねーなー」と話します。ニシ川はあまり関心を持たずに業務をこなします。

ハヤシは、シ村(松岡昌宏)の所へ行きます。シ村は、「お待たせいたしました。では、こちらへ」と椅子がある部屋へ通します。シ村はハヤシに、「なぜ、反省したいと思ったのですか?」と聞きます。ハヤシは、「ミチルちゃんのあのときの言葉がずっと気になっているんだ」と言います。

三樹ミチル(黒島結菜)は成仏する前にハヤシに、「お姉さんの事考えた事ある?殺人犯の弟を持っちゃったんだよ」と言っていたのです。その言葉がずっと忘れられなかったハヤシ。シ村は、「では、まず振り返ることから始めてみましょう」と言いますが、ハヤシは何から話せばいいのかわからなくなります。「ハヤシさんの話したいことから話していいのですよ」とシ村。

少しずつ話し始めるハヤシ。高校2年生までは普通に、真面目に過ごしていたと話します。剣道が好きで、祖父の清三(伊藤洋三郎)に稽古をしてもらっていました。そして、当時幼馴染だった桶田まりあ(岡野真也)と一緒にいつも剣道をしていました。ハヤシは父の雄作(草野康太)とは3年口を聞いておらず、姉の林理花(土居志央梨)が心配します。

そんなある日、祖父が病気で入院し、その後亡くなります。亡くなった直後、父は酷く酔って、ハヤシに「お前の親父死んだな。」と絡んできます。ハヤシは意味がわからず「はぁ?」と聞き返します。父は、「お前は俺の子じゃない。死んだ妻と俺の親父の間に出来た子供だ。笑えるだろ?自分の妻を自分の親父に寝取られたんだから」と言って座り込み泣き出します。
姉が、父から全部話しを聞いたと言います。母の手紙が見つかり、秘密が書いてあったのだと。母は昔、祖父の俳優時代のファンでした。いきなり母と祖父の秘密を知らされたハヤシは、衝動的に祖父の遺骨をベランダから捨ててしまいます。そんなハヤシに、姉だけは「私は何があっても見方だよ」と声を掛けます。ハヤシは、悩んで、悩んで、しかし、学校では普通にしていたと話します。

学校でハヤシに気がある同級生の女子がいました。そうとは知らず、ハヤシは幼馴染のまりあに声をかけ、一緒に帰ろうと誘います。ハヤシに気のある同級生は、ハヤシと仲の良いまりあをいじめます。ハヤシは他の女子が話している事をたまたま聞いて、いじめの現場に行きます。そして、まりあをいじめている同級生の女子を担ぎ上げ、窓から落とします。幸い軽い怪我で済みましたが、ハヤシは自分が悪いとは思っていません。いじめていた女子が悪いと思っています。

ハヤシが荷造りをしていると、手伝っていた姉がハヤシに通帳を渡します。ハヤシは中を見て、「どうしたの?こんな大金…」と聞きます。姉は、「おじいちゃんがね、アンタのためにって貯めてたみたい。お父さんが見つけて、アンタに渡しておいてって言われたの。お父さんもすごく苦しんでたと思うよ」と言います。

その後、ハヤシはまりあと結婚して、自分の出生の秘密を話します。姉には言わなくていいと止められていたそうですが、ウソがつけない性格なので話したとのこと。それからは、自分の出生について悩まなくなったと話します。そして、一人の女の子、あやみが生まれます。仕事から帰って、あやみをあやそうとすると泣き出してしまい、まりあに怒られます。

ある日、まりあに「今日は早く帰ってきてね」と言われます。ハヤシは久しぶりにまりあと一緒に過ごせると思って楽しみに帰ってきます。ところが、帰ってくると知らない男性がいました。まりあと同じ職場で働いていたという浅井という男性でした。ハヤシを見るなり、「まりあさんと別れてください」と土下座して頼みます。
突然の事でよくわからないハヤシ。「まりあさんは、あなたがおじいさんの子供だと聞かされてから、ずっと悩んでいました。苦しんでいました。」と話します。そして、あやみは、まりあと自分との間に出来た子供だと話します。あまりのショックにまりあに答えを求めますが、何も言いません。あやみも「パパ」と浅井に懐いています。
ハヤシは、「俺のこと、気持ち悪いと思ってたのかよ…」と言って、剣道の竹刀を取り出します。浅井は、「ハヤシさん落ち着いてください!」と叫びます。まりあも「ハルくんごめんなさい…」と泣きながら謝ります。それでもハヤシは竹刀でめった打ちをして、あやみ、浅井、まりあを殺してしまいます。

時間がたち、姉から電話がかかってきます。ハヤシは、「俺、気持ち悪いかな」と聞きます。姉は、「そんなことないよ。私の弟なんだから。何があったか知らないけど、くだらないこと考えるんじゃないよ」と言います。ハヤシは泣きながら、「ごめん…」と言って電話を切ります。後ろには3人の無残な姿がありました。

ハヤシの本名は林晴也。乳児を含む男女3人を殺害した罪で最高裁で死刑が確定。

ハヤシは、シ村に、「姉貴のこと、わかってたんだ。言われなくてもわかってたんだけど、あのミチルちゃんの言葉がグッと胸に突き刺さってきたんだよ。俺が殺したことは変わらないし、でも殺したことは後悔していないんだ」と話します。それを聞いたシ村は、「それでは、反省できないでしょうね」と言います。そして、「今やるべきことは、反省ではなく、自分の感情と向き合うことなのでしょうね」と言います。
「なぜ、憎しみを抱いたのか?なぜ自分を支えてくれた人の命を無残にも奪ったのか。自分を理解し他人の気持ちを考えることができれば反省をすることもできるかもしれませんね。ハヤシさんに殺された彼らも死役所に来たはずですから。他殺課で、何を思い、何を話したのか、どんな思いで成仏の扉に向かったのでしょうね」と言います。ハヤシは、「俺にはまだそこまではわかりません。」と言います。シ村は、「ええ、今はまだそれでいいと思います」と言います。

シ村に話したことでスッキリしたようで、今度はシ村に「シ村さんは何か話したいことってないの?過去の事とか、聞いてほしいことがあったらなんでも言って。どんなことでも受け止めるよ」と言います。シ村は少し考えて、クスッと笑います。いつもの笑顔ではなかったので、ハヤシは、「そうゆう顔で笑うことも出来るんだ」とボソッと言います。すぐにシ村は元の笑顔に戻ってしまいます。

楽しそうに戻って行くハヤシの姿を見て、イシ間は、「元気になったみてーだな」とニシ川に話します。ニシ川は、「興味ないって言ってるでしょ」と言いながら業務をこなします。そして、「シ村さん、冤罪なんだから早く手続きして成仏すればいいのに」と言います。イシ間は、「なんだか思いあたるところがあるんじゃねーの?」とシ村の気持ちになって答えます。

『死役所』5話の視聴者の声は?

『死役所』5話を見てどう思ったのか、Twitterでの反響をまとめました。

ハヤシは気持ち悪くなんかない!まりあが不可解

まとめ猫

ハヤシの祖父が実父だったという出生、ハヤシの姉が気持ち悪いと思うなら理解できるような気もしますが、彼女の立場で気持ち悪いと感じるのはイマイチ共感できません。しかも、純粋なあまり切れてしまうハヤシに、煽るような別れの切り出し方をして、自ら殺されにかかっているようにしか思えないのですが…、まりあという女性が不可解です。

『死役所』5話まとめ

ハヤシの過去は理不尽と裏切りだらけの悲しい話でした。

誰も幸せにならない内容の手紙を残してこの世を去ったハヤシのお母さんは何をしたかったのでしょう?まりあにしても、もし、同級生を突き落として怖いと感じてしまったとしても、そのまま結婚するのはどうかと。もし、恐怖を感じたことが原因で別れたかったのだとしたら、まりあを愛するハヤシはわかってくれたのではないかと思います。シ村が言っていた、まりあら3人分の他殺課の書類を見てみたくなりました。

でも、姉を思い反省したいと言いながら、後悔はしていないと言い切るハヤシ、スッキリした様子で、今度はシ村の相談に乗ろうとするハヤシ、何だか無邪気ですね。クスッと笑ったシ村が何を思ったのか気になります。ミチルのキスでも表情を崩さなかったのに。

まねき猫

来週は原作ファンの人気が高い「カニすべからく」のエピソード。重岡大毅が出演!

※本ページの情報は、 時点のものです。動画配信サービスにおける最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。